診療案内

アレルギーアレルギーが原因でかゆがっていませんか?

あなたの犬や猫はかゆがっていませんか?

アレルギー性皮膚炎によってペットはかゆがっています

犬や猫も、人間と同じようにアレルギーがあります。動物の皮膚症状のうち30%以上はアレルギーによるものといわれています。

おそらくペットの皮膚の症状は春から夏にかけて悪化していくに気づかれるでしょう。それは、この時に花粉やカビの量、空気中に増えることも関係しているのです。

アレルギーとは?

アレルギー反応はある環境下での通常の物質に対して起こる個別の反応の1つです。これらの物質はアレルゲンと呼ばれ、花粉、カビ、動物の毛、ハウスダスト、ノミ、食べ物など数多くあります。

アレルゲンの反応は皮膚からの接触、吸入、接種からなどから起こります。アレルギー体質の動物は特殊なアレルゲンに対するIge抗体があります。こうした抗体はアレルギーのサインを体に引き起こします。

動物にはアレルギーの症状があるの?

人間と動物のアレルギーの仕組みは同じですが、それによって引き起こされる臨床症状は多少異なっています。

人間の場合は典型的な兆候は鼻や呼吸器に表れますが、犬は強烈なかゆみを伴う皮膚症状がより一般的です。

猫は、人間と同様に呼吸器症状が現れます。動物はアレルギーが発症するとよく体を掻いたり、足をなめたり噛んだり、顔をこするなどします。

アレルギーが進行すると、傷口が広がったり、傷口から細菌が進入して伝染病を引き起こすなど状態が深刻化していきます。また、食物アレルギーも皮膚症状を引き起こしますが、嘔吐や下痢は起こさないのが普通です。

いつアレルギーが現れるの?

それぞれのアレルゲンによって異なります。花粉の場合、春や夏により多く見られますが、ハウスダスト、ダニの場合や、食物に関するアレルギーなど屋内で発生するものは、年中みられます。

また、ひとつではなく複数のアレルゲンによって症状がひどくなることもあります。

どうやってペットのアレルギーを診断するの?

獣医師は、綿密な診察により他の病気を除外していきます。必要によってアレルギーのテストを実施するか飼い主の方と相談します。

血液を採取してSPECTRUM LABS.INCに送付します。そこで、草、木、カブ類、ハウスダスト、ダニのような吸入物質やペットフードなどに含まれる食物に対する感受性が検査されます。

食物アレルギーには?

植物に対するアレルギーは、その原因となっている食物を与えないことが唯一の治療法です。

SPECTRUM LABS.INCでは、検査結果に基づきペットのアレルギーの原因となっている食物が含まれていないペットフードの情報を獣医師に提供しております。

検査をしてどんな事がわかるの?

アレルギーはとても複雑な病気です。一つのアレルギーによって症状は出るとは限りません。いくつかのアレルゲンによる重複感作、そして様々なストレスなども加わり発症すると言われています。また皮膚炎を悪化させる要因として細菌や真菌の感染などもあります。

そんな難しい病気の原因のうち何がアレルゲンになっているのかを知っておく必要があるのです。

  • ホーム
  • 医師・スタッフ紹介
  • 病院案内
  • 診療案内
    • ワクチン接種
    • アレルギー
    • フィラリア症
    • ノミ・ダニ
  • アクセス
  • 採用情報

  • トリミング
  • パピークラス
  • しつけ相談室
  • セミナー

  • オゾン療法
  • 7才からのドッグドック(健康診断)キャンペーンのご案内
  • 定期検査
  • 宮村夏美の「Kireiペットケア」
  • 高橋由香里の「Kireiペットケア」
  • タカオ建設|神奈川県・首都圏の新築一戸建てから別荘・店舗、リフォームまで、タカオにご用命ください。

▲ページTOP