診療案内

ワクチン接種健康のスタートはワクチン接種から

ワンちゃん(犬編)

犬を飼いはじめたらすぐご相談ください。

ワクチンの目的は病気の予防。だから、げんきな子にしか打てません。
愛犬をとりまくこわいウィルスや細菌は、子犬だけではなく、成犬だってねらってきます。
大きな犬もワクチンは一生のおつきあい。

ワクチンは、いつ接種するかのタイミングが重要です。特に子犬の場合は親ゆずりの免疫(移行抗体)が残っているので、これが切れる時期をみはかあってワクチン注射をすることが大切です。

また、健康状態や体質によっては、十分な免疫が獲得できない場合もあります。事前にご相談ください。

ワクチンで予防できる病気には下記の通りです。

犬ジステンパー

発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろんな後遺症に悩まされます。死亡率も高く、こわい病気です。

犬アデノウィルス2型感染症

アデノウィルスによる感染症で肺炎や扁桃炎など呼吸器病を起こします。

犬伝染性肝炎

こちらもアデノウィルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、目が白く濁ることもあります。子犬では突然死することもあるこわい病気です。

犬パラインフルエンザ

パラインフルエンザウィルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。アデノウィルスや細菌といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群をひき起こします。

犬パルボウィルス感染症

血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬に突然死をもたらす心筋型もあります。伝染性が強く死亡率も非常にこわい病気です。

犬コロナウィルス感染症

腸炎を引き起こす感染症です。下痢です。下痢や嘔吐が起こります。パルボウィルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。コロナとパルボをいっしょに予防することが大変重要なのです。

犬レプトスピラ病 黄疸出血型 アニコーラ型

細菌によって腎臓や肝臓がおかされる、人と動物共通のこわい伝染病です。
代表的なのは、歯ぐきの出血や黄疸がみられる黄疸出血型と高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種ですが、この他にもいろんなタイプがあるので注意が必要です。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすので、予防が大切です。

狂犬病予防法について

飼主には、狂犬病予防法で狂犬病ワクチン接種が義務づけられています。

生後91日以上の犬は飼い始めて30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受けなければなりません。また交付された注射済票を必ず犬につけておかなければなりません。

ネコちゃん(猫編)

今ワクチンで予防できる猫の病気は5つです。

どのワクチンをいつ注射すればよいのかは、猫の年齢やライフスタイルによってちがってきます。

獣医師の先生とよく相談して、恐ろしい伝染病からあなたの愛猫を守ってあげて下さい。

猫ウィルス

鼻気管炎ヘルペスウィルスによる感染症で、ひどいクシャミ、セキ、鼻炎などの呼吸器症状のほか、結膜炎をひき起こします。高熱で食欲がなくなり、鼻水と涙で顔中クシャクシャ、典型的なカゼの症状がみられます。

猫カリシウィルス感染症

かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など、猫ウィルス性気管炎にたいへんよく似ています。症状が進むと舌や口の周辺に潰傷ができることもあり、また、ときには急性の肺炎を起こして死亡することもあります。

猫汎白血球減少症

白血球が極端に少なくなる病気でパルボウィルスが病原体。高熱、嘔吐、食欲がなくなり、下痢がはじまると脱水症状となります。体力のない子猫などはたった一日で死ぬこともあるこわい病気です。

猫のクラミジア病

クラミドフィラ フェリスによる感染症。菌は眼や鼻から侵入するため、結膜炎、鼻水、くしゃみ、せきがみられます。肺炎を起こすこともあります。ヒトに感染して結膜炎が起きた例も報告されています。

猫白血病ウィルス感染症

持続感染すると80%が以内に死亡します。白血病やリンパ種などの血液がん、貧血、流産などを起こします。病気に対する抵抗力(免疫)が弱まるため、いろんな病気も併発しやすくなります。

感染してから発病までの期間がたいへん長く、その間は見かけ上健康に見えますが、ウィルスを排泄し、他の猫へうつします。

感染してしまったら、命にかかわるだけでなく、あなたの猫が他の猫への感染源となってしまいます。猫たちのためにもしっかり予防しましょう。

  • ホーム
  • 医師・スタッフ紹介
  • 病院案内
  • 診療案内
    • ワクチン接種
    • アレルギー
    • フィラリア症
    • ノミ・ダニ
  • アクセス
  • 採用情報

  • トリミング
  • パピークラス
  • しつけ相談室
  • セミナー

  • オゾン療法
  • 7才からのドッグドック(健康診断)キャンペーンのご案内
  • 定期検査
  • 宮村夏美の「Kireiペットケア」
  • 高橋由香里の「Kireiペットケア」

▲ページTOP