診療案内

フィラリア症蚊が媒介して感染する病気からワンちゃんを守ろう

フィラリア症ってどういう病気なの?

フィラリア症は、線虫類に属する犬糸状虫(学名:Dirofilaria immitis)が心臓と肺動脈に寄生することによって起こる病気です。

心臓に寄生する血液循環が悪くなり、様々な循環器障害を引き起こし、死に至ることもある病気です。蚊が媒介して感染するため、予防をせずに過ごす機会が多くなれば、それだけ感染の確率は高くなります。

具体的にどんな症状が出るの?

親虫が心臓と肺動脈にいるため血液が悪くなって、それに関する症状が出てきます。ほとんどの場合、慢性性経過をたどりますが、急性症状を示す場合もあります。

初期症状(軽度)
  • 咳をする。
  • 運動や散歩を嫌う。
  • 痩せてくる。
  • 毛艶が悪くなる。
  • 食欲が無くなる。
  • 散歩や運動後に失神する。
  • 呼吸が浅く早くなる。
症状が進むと(重度)
  • 貧血(口や眼の粘膜が白い)
  • 復水(お腹が出てくる)
  • 血尿(赤みを帯びた尿をする)

検査とはどういうものなの?

感染の有無を知る検査には、血液検査が一般的です。免疫学的診断またはミクロフィラリア(子虫)検査があります。

フィラリア症は蚊が媒介して感染します。よって、蚊が飛んでいる期間(気温15度以上)に予防をしないで過ごすと、それだけ感染する確立は高くなります。予防薬を飲まずにこの期間を過ごした犬は、先ず、獣医師に相談し、検査を受けることが重要です。

予防する方法はないの?

現在予防法が確立され、広く行われています。
まずは、フィラリア症に感染しているかどうかを検査し、感染していないことが判ったら予防薬を飲ませてあげます。

このお薬は、蚊から感染した幼虫が心臓にたどり着く迄(約4カ月)に殺減するもので、月1回飲ませてあげるだけで確実に予防できます。

もしフィラリアに感染していたら

臨床症状、X線検査、超音波検査や血液検査などの結果を総合的に診断して、症状の程度により適切な処理(親虫や子虫の駆除)を行ってから予防薬を飲ませます。

  • ホーム
  • 医師・スタッフ紹介
  • 病院案内
  • 診療案内
    • ワクチン接種
    • アレルギー
    • フィラリア症
    • ノミ・ダニ
  • アクセス
  • 採用情報

  • トリミング
  • パピークラス
  • しつけ相談室
  • セミナー

  • オゾン療法
  • 7才からのドッグドック(健康診断)キャンペーンのご案内
  • 定期検査
  • 宮村夏美の「Kireiペットケア」
  • 高橋由香里の「Kireiペットケア」
  • タカオ建設|神奈川県・首都圏の新築一戸建てから別荘・店舗、リフォームまで、タカオにご用命ください。

▲ページTOP